2011年05月22日

〈競馬〉第72回オークス、エリンコートが樫女王 「WIN5」は1億4685万110円に

クラシック初制覇となった後藤騎手は「前走は折り合いに苦労したが、今回はスムーズに1度で変わってくれた 学習能力が高く、頭のいい馬」と手放しで褒めた

伏兵での勝利に鞍上の後藤騎手は「今でも信じられない気持ち」「感無量ですね」と笑顔がこぼれた

さらに、ダークホース、エリンコートの優勝はとんでもない置き土産をもたらした

22日、5回目を迎えた「WIN5」(インターネット投票のみ、毎週日曜日実施)の払戻金が、JRA史上最高払戻金となる1億4685万110円を記録

これまでの最高は2月13日の小倉4Rの3連単1950万7010円で、ついに夢の配当が飛び出した

対象5レースの勝ち馬は(2)(3)(10)(2)(7)番人気で、的中はわずか6票。京都10R、東京10R、京都11Rは人気上位馬が勝ったが、新潟11Rとオークスの人気薄の快走で高配当となったもの

公営競技では10年10月21日の平塚競輪の重勝式車券「チャリロト」の9億598万7400円(的中1票)がある


(以下引用)


第72回オークス(22日、東京11R、GI、3歳牝馬オープン国際、定量、芝2400メートル、1着本賞金9700万円=出走18頭)後藤浩輝騎乗の7番人気エリンコート(栗東・笹田和秀厩舎)が力強く伸びGI初制覇を果たした。

 第72代の「樫の女王」に輝いたのは7番人気のエリンコートだった。桜花賞と同じ4月10日に行われた2000メートルの忘れな草賞で勝利。今回は目立たない存在だったが、2400メートルのオークスでヒロインの座に駆け上がった。

2着はピュアブリーゼ、2番人気のホエールキャプチャが3着だった。1番人気の桜花賞馬マルセリーナは4着だった。

レースは、スタートでホエールキャプチャが出遅れ気味。ピュアブリーゼがハナを切り軽快に逃げると、向こう正面ではエリンコートは5番手、マルセリーナが後方から4番手という展開に。

エリンコートは直線で内にもたれながらもゴール前で逃げ粘るピュアブリーゼをクビ差捉え、ホエールキャプチャの追撃も振り切った。
(サンスポ)
  
着順 枠順  馬番
1 2 4 エリンコート 牝3 後藤 浩輝
2 8 18 ピュアブリーゼ 牝3 柴田 善臣
3 6 12 ホエールキャプチャ 牝3 池添 謙一
4 5 9 マルセリーナ 牝3 安藤 勝己
5 7 14 スピードリッパ 牝3 蛯名 正義

6 8 17 マイネイサベル 牝3 松岡 正海
7 6 11 アカンサス 牝3 北村 宏司
8 7 15 ハッピーグラス 牝3 松田 大作
9 1 1 ハブルバブル 牝3 C.ウィリアムズ
10 5 10 デルマドゥルガー 牝3 N.ピンナ


1角 18(7,13)-(1,8,15)14,5(2,4)10(12,17)16(3,9)11,6
2角 18(7,13)-8,1,14,15,5,4(2,10)17(12,16)9(3,11)6
3角 18(7,13)-8,14,1(4,5)(15,10)17(2,16)12-(3,11,9)-6
4角 18(7,13)(8,14)(1,4,5)(15,17,10)(2,12,16)(11,9)3,6



単勝 4 3,720円 7番人気

複勝
4 800円 9番人気
12 140円 2番人気
18 780円 7番人気

枠連 2−8 2,770円 9番人気

馬連 4−18 42,750円 64番人気

ワイド
4−12 1,720円 14番人気
4−18 9,510円 66番人気
12−18 1,810円 19番人気

馬単 4−18 104,460円 128番人気

3連複 4−12−18 45,120円 93番人気
3連単 4−18−12 548,190円 819番人気
http://keiba.yahoo.co.jp/race/result/1105030211/
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 22:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(生田斗馬整形画像)生田斗真の弟・竜聖がアナウンサーデビュー

弟・竜聖のほうが才気溢れる印象の顔
高い鼻柱は兄譲り$美容外科医ジョニー のブログ
生田斗真の弟・竜聖

くわしくは生田斗真の弟、フジとテレ朝 両方のアナウンサー内定

中学時代からマスコミ志望だった弟のためにと、斗真は懇意にしているテレビ局のプロデューサーを弟に紹介したりと、いわゆる“テレビ局詣で”をしてあげていたという

プロデューサーのうちの一人によれば“顔も体格もいいし、役者向き”と言ったと伝えられる

フジのアナウンサーは、アナウンス活動だけでなく、舞台などで演技もするだけに“俳優もできるアナウンサー”として注目を集めそうだ

話は美容外科の領域に飛ぶが・・

生田斗真の顔はずいぶん変貌している

$美容外科医ジョニー のブログ
生田斗真 昔の顔

$美容外科医ジョニー のブログ
生田斗真 鼻尖の軟骨トリミングと目頭切開 埋没or切開法二重 で きれいなジャニーズ顔になった 


(以下引用)


今年フジテレビに入社した生田竜聖(22)、竹内友佳(23)、 三田友梨佳(23)の新人アナウンサー3人が初仕事を行った。

同局が今月から「ミトカナイトフジ!」というキャッチコピーで展開している番組キャンペーンをPRした。

 生田アナは、ジャニーズ事務所の俳優・生田斗真(26)の弟。 キャンペーンキャラクターの帽子「ミーアキャップ」をかぶり、 「まだ未熟なので皆さんにはアナウンサー“生田竜聖”が 一人前のアナウンサーになっていくという成長過程を見守っていただければと思います」と初々しいコメント。
(フジ)
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 20:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Celebrating a Death: Ugly, Maybe, but Only Human

アメリカではビンラディン殺害のオバマ大統領の発表のあと そこかしこで祝杯をあげる人々で埋まった
$美容外科医ジョニー のブログ
Americans celebrated the killing of Osama bin Laden loudly
いままで演説で We 〜 と「我々」 を主語にしていたオバマが この日ばかりは Ikilled ,.. I decided と 「わたし」 を強調していたのには笑った

2012年の大統領選再選をめざすオバマには相当 自身の支持率低下がこたえているのだろう

それにしても どんな悪人でも その人が殺されたことをここまで喜ぶアメリカ国民は 日本人には奇異に思える

アメリカ人の中には 同様に尋常ではないと感じる人もいるようだ

下記記事の著者は Just deserts(目には目を、歯には歯を やったら同じことをやりかえせ)のアメリカのやり方を気にかけているようだ

ふつう このようなリベンジすべき状況にあるとき どう身を処するのがよいのか

どちらの格言がしっくりくるのか
The only thing necessary for the triumph of evil is for good men to do nothing.
   Edmund Burke

傍観していてはいけない ともに加担すべし

あるいは

Whoever fights monsters should see to it that in the process he does not become a monster. And when you look long into an abyss, he abyss also looks you.
   Friedrich Nietzsche

行為に加わることは その相手のレベルにまで自身を貶めてしまう

普通は後者の意見を採ると思うのだが


いずれにしろモラル的にも国際法的にも今回のパキスタン国内でのアメリカ海兵隊のビンラディン氏暗殺は、正当化できないだろう



(以下引用)


by BENEDICT CAREY

publishd May5,2011

Some Americans celebrated the killing of Osama bin Laden loudly, with chanting and frat-party revelry in the streets. Others were appalled − not by the killing, but by the celebrations.

“It was appropriate to go after Bin Laden, just to try to cut the head off that serpent, but I don’t think it’s decent to celebrate a killing like that,” said George Horwitz, a retired meat cutter and Army veteran in Bynum, N.C.

Others were much more critical. “The worst kind of jingoistic hubris,” a University of Virginia student wrote in the college newspaper, The Cavalier Daily. In blogs and online forums, some people asked: Doesn’t taking revenge and glorying in it make us look just like the terrorists?

The answer is no, social scientists say: it makes us look like human beings. In an array of research, both inside laboratories and out in the world, psychologists have shown that the appetite for revenge is a sensitive measure of how a society perceives both the seriousness of a crime and any larger threat that its perpetrator may pose.

Revenge is most satisfying when there are strong reasons for exacting it, both practical and emotional.

“Revenge evolved as a deterrent, to impose a cost on people who threaten a community and to reach into the heads of others who may be contemplating similar behavior,” said Michael McCullough, a psychologist at the University of Miami and author of “Beyond Revenge: The Evolution of the Forgiveness Instinct” (Jossey-Bass, 2008). “In that sense it is a very natural response.”

Many of the sources of the joyous outburst were obvious: A clear victory after so many drawn-out conflicts. A demonstration of American competence, and of consequences delivered. The public relations value of delivering a public blow to a worldwide terror network. And, it needs to be said, the timing: The news hit just as many bars were starting to clear out for the night.

But this was much more than a simple excuse to party.

“Pure existential release,” said Tom Pyszczynski, a social psychologist at the University of Colorado at Colorado Springs, who has studied reactions to 9/11. “Whether or not the killing makes any difference in the effectiveness of Al Qaeda hardly matters; defeating an enemy who threatens your worldview, the very values you believe are most protective, is the quickest way to calm existential anxiety.”

After almost 10 years, the end was nothing if not final. “The emotions were so strong, I think, because the event was compacted: Bin Laden was found and killed, and it was done − done and over, just like that,” said Kevin Carlsmith, a social psychologist at Colgate University and the Center for Advanced Study in the Behavioral Sciences at Stanford. “We’re so used to people being brought in, held at Guantánamo, the trials, the appeals; it feels like justice is never done.”

As a rule, people are far more forgiving than they might guess, studies find. After most betrayals, like being dumped by a love interest or insulted, the urge for revenge erodes around the same rate that certain memories do: sharply in the first few weeks, and much more slowly afterward. The same kind of pattern can follow even physical assaults, depending on the circumstances and the personality of the victim.

“The intensity of the emotion falls off precipitously, simply because the body can’t carry such a giant load of outrage and function very well,” Dr. McCullough said.

But the urge for payback − especially for a crime like the Sept. 11, 2001, attacks, which killed almost 3,000 civilians − never goes to zero. “There is a stubborn part of the memory that hangs on to the urge, to a little piece of it,” and the pain is refreshed every time the memory is recalled, Dr. McCullough said.

It is easy to forget how much fear was in the air after the 9/11 attacks: the anthrax mailings, the airport lines, the color-coded terror alerts. Many of those celebrating late on Sunday and early Monday were teenagers during those years, young people who have lived much of their lives under the threat of terrorism − and this terrorist in particular − and who had the time and energy to hit the streets and share the moment.

“For them this was a chance to be a part of history,” Dr. Pyszczynski said.

In a long series of studies, psychologists have shown that when people are reminded that they will one day die, they fixate on attributes they consider central to their self worth. Those who are religious become more so; those who value strength or physical attractiveness intensify their focus on these qualities; and people generally become more patriotic, more supportive of aggressive military action.

“Even subtle reminders of 9/11 have the same effect,” Dr. Pyszczynski said.

The sight of Bin Laden’s face on television or a smartphone news feed might have been enough to move people from the sidelines into the streets, to cheer for the home team.

Finally, people everywhere have a strong belief in “just deserts” punishment. In a 2002 study, psychologists at Princeton University had more than 1,000 participants evaluate specific crimes and give sentencing recommendations for each. The subjects carefully tailored each recommended sentence to the details of the infraction, its brutality and the record of the perpetrator.

The drive to enforce those sentences varies widely from person to person. But in a crowd of like-minded people, the most intense drives for justice become the norm: People who may have felt a mix of emotions in response to the news can be swept up in the general revelry.

Thus the natural urge for revenge − satisfied so suddenly, releasing a decade of background anxiety, stoked by peers − feeds on itself. Delight turns to chanting turns to climbing on lamp posts.
http://www.nytimes.com/2011/05/06/health/06revenge.html
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 13:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ENGLISH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(画像)佐々木希&二宮の自宅デートはただの遊びなのか、TAKAHIROは?

二宮と佐々木の交際のきっかけはテレビ共演
佐々木が昨年4月に 収録に臨んだ嵐のTBS系レギュラー番組「ひみつの嵐ちゃん!」にゲスト出演
$美容外科医ジョニー のブログ
話題を呼んだ佐々木の画像
彼を「明るいし、頭もいいし、場の雰囲気を盛り上げてくれそう。良い印象しかない」と べた褒め、以前から親しみやすい人柄に好感を持っていたようだ
$美容外科医ジョニー のブログ

二宮は雑誌で好きなタイプを「一生懸命で、顔、性格も含めてかわいい子」と 話していた
佐々木はイベントで「面白くて優しくて、自分をさらけ出せる人」と 挙げていた
$美容外科医ジョニー のブログ
嵐メンバーとポルノ女優AYAとの交際は話題になった
二宮は女優長沢まさみ(23)とドラマ共演をきっかけに05年から交際
水川あさみとの二股交際をへて09年末までに破局している

「あれTAKAHIROじゃないのか?」と本命を探る声も

W杯に隠された事件簿/二宮和也−佐々木希と夜のバッド・アクシデントって??ジョニー記事にも注目!

佐々木のマンション近くでのツーショットは何度か目撃されているが、彼女には一般人の本命彼氏がいるし、二宮も最初から遊び目的と、お互い割り切った関係のよう、との業界人の声も

二宮はさわやかな外見と裏腹に女遊びが激しく肉食系、対する佐々木も元ヤン時代から恋多き女と、ある意味似た者同士と言える

今をときめくアイドルとトップモデルの関係は、今後、決定的な写真が出回るまで『待ち』なのかもしれない


(以下引用)


人気グループ嵐の二宮和也(27)が、モデルで女優の佐々木希(23)と真剣交際していることが21日、分かった。

昨年春にテレビ番組で共演したことがきっかけで関係が深まり、同年冬ごろから本格交際に発展した。国民的アイドルグループメンバーと男女問わず好感度が高いトップモデルの熱愛。

人気絶頂の2人は、多忙な合間を縫って自宅デートを重ね、静かに愛を育んでいる。
(日刊スポーツ)
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 12:42| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | アイドル・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〈訃報〉『紺野美沙子は尻軽』『100人と関係、内8割は女優』 長門裕之が逝去

扇千景にふられて自殺未遂をしたり、池内淳子とは南田洋子が ほぼ公認していた愛人関係であった

長門裕之が経営していたプロダクションに所属していた 紺野美紗子の男癖の悪さ暴露

昔、2時間ドラマかなんかでシャワー浴びながら坂口良子の乳首をねちっこく舐め回してた

など60代以上の方には往時を懐かしく思い出す方も多いのではないか

痴呆の南田洋子を誠心誠意世話をしたのは、罪滅ぼしだったのだろう


(以下引用)


かつて長門が出版し、波紋を呼んだ暴露本が 再び注目を浴びている。自らの赤裸々な女性遍歴やほかのタレントの 南田さんが亡くなり、今やすっかり“悲劇の夫”となった長門。そんな彼が 衝撃の暴露本を世に送り出したのは、南田さんとの結婚から24年経った85年10月だった。

「表向きには、妻への告白、という形での発売だったが、中身は強烈だった」(同) その暴露本とは「洋子へ 長門裕之の愛の落書集」(データハウス刊)。

まず、芸能界入りしてからの自らの女性遍歴だが、「ぼくの“浮気の虫”が、 地中深く潜って冬眠していたのは、(南田さんとの)2年間の同せい期間だけ」 「結婚後、100人以上とヤッた。8割は有名女優。結婚前日の女とヤッたら処女だった」

「つい先日、2時間ものの単発ドラマを2本続けて見たら、コマした女が7人も出ていた」 とつづっているから、当時どれだけモテたかは想像に難くない。 さらに「元女優の某国会議員との性描写は官能小説顔負けだった」(出版関係者)という。

さらに、自分が社長の所属事務所を辞めた某清純派女優について、 「ギャラでもめて辞めてったんだけど。男性関係がルーズでずいぶん泣かされちゃった」 「ロケ先のホテルで相手役の俳優の部屋に泊り込んじゃって、とうとう朝まで帰ってこない」 など奔放な下半身を暴露。

「実名を書かれた女優らが強く反発し、版元は初版を回収。問題個所を書き直して改訂版が発売された。
これを受けて、長門は『ゴーストライターによる口述筆記だったため真意が伝わらなかった』などと弁明。
ワイドショーの取材を受けた長門が『こんな本はダメです!』と、自著を机に叩き付けたりもしたが後の祭り。一時期、芸能界から干された」(同)
http://npn.co.jp/article/detail/14612879/
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 02:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | アイドル・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする