2011年02月16日

オリコンが嘲笑のマト「デイリーランキングなんてやめちまえ!」

2011年02月14日 付デイリーランキング

1 1,270 KARA
2 ....881 いきものがかり
3 ....827 遊助

1200枚しか売れてないKARAがオリコン1位に

この惨状が堂々と音楽情報会社に掲載されてネットは大うけ
オリコンへの罵詈雑言を引用


(以下引用)


作られた人気ランキング に名前変えろよ

さんざん水増ししてこんだけかよ
もうオリコン(笑)を信じてるバカは居ないだろwww

今どきオリコンを気にして音楽を聴いてるような知恵遅れは田舎にしかいないだろ

デイリーならこんなもんじゃね?

tsutayaしか購入してなんぢゃね

web でDLが当たり前になったからね 
オリコン廃業倒産か 銀行はオリコンの債権保全、融資引き揚げしろ

オリコンはランキングなんかやめちゃって敵対会社へのいやがらせ訴訟してればいいんだよ

これなら 順位はいくらでも操作きくんじゃね?
(ネット)
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 16:17| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「なぜ人気なのか!」 空前の大ブーム! 魔法少女まどか

2011年1月6日から毎日放送系列でテレビ放映、12日からはウェブ動画により配信されているアニメ
『魔法少女まどか☆マギカ』が、ネットで空前の大ブームである。
$美容外科医ジョニー のブログ

キャラクターやタイトルから受けるポップな印象と、 主要キャラクターが死んでしまうなど重たい部分もあるストーリーとのギャップ、意味深な伏線などが理由として寄せられており、 やはり脚本と展開の予測のつかなさが話題をよんでいるようだ



(以下引用)



「新房昭之(監督)×虚淵玄(脚本)×蒼樹うめ(キャラクター原案)×シャフト(アニメ制作)」による 「オリジナルアニメプロジェクト」として始まった同アニメは、2ちゃんねるで今期のアニメ板の話題をかっさらい、 14日1時36分、266スレッド目に突入。 なかには3時間で次のスレッドに移る時もあるほど勢いのある話題となっている。

「魔法少女まどか☆マギカ 第XX話」(XXはスレッド数)という2ちゃんねるのスレッドをのぞいてみると、 更新されるたびにスレッドの冒頭に「アニメ概要」「関連スレッド」「展開予測」「質疑応答」 「(展開についての)これまでの考察が的中した部分」がまとめられており、 途中からでも今までの議論がわかるようになっている。

更新されるたびにこれからの展開をあれやこれやと議論し合う声が白熱しており、 あまりのネットでの加熱ぶりに、ネット上では「なぜ人気なのか」を分析する人も現われ始めている。

なお、同アニメのテレビ放映は、10日に6話が終わり、残すところあと6話。
「過去アニメスレッドの伸びランキング」(放映開始3カ月後のスレッド数で統計)によると、このペースでスレッドが伸び続ければ、 2006年放送で昨年映画化もした大人気アニメTVアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の464スレッドを上回るのだとか。
(R25)
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 15:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きょうの東スポ2011年02月17日(木)付 小向「マニラでAV撮影」情報

小向「マニラでAV撮影」情報

覚醒剤取締法違反容疑で逮捕状が出た小向美奈子容疑者が、16日にもフィリピンから帰国することが分かった。それと同時にマニラ逃亡≠めぐって衝撃情報が急浮上。なんと滞在先でAV撮影を行い、日本では困難とされる販売方法について具体的な話まで出ているというのだ。

トランセンドGT連覇へ万全

GT開幕戦・フェブラリーS(20日)の最終追い切りがスタートした。昨年のJCダートで頂点に立ったトランセンドは好時計をマークし、GT連覇へ向け態勢は万全。一方、超ビッグネーム不在で「大波乱もある」と主張する栗東得ダネ班は芝路線馬の激走警報≠発令させた。


野球・MLB

本紙評論家・大下剛史氏が澤村を絶賛「G首脳は池谷コーチの失敗繰り返すな」/あるぞ開幕投手!最速149キロに中日007蒼白
清原と初謁見≠フ斎藤佑に球団関係者警告「NOと言える勇気を」
「虎の4番 新井ノルマ40発」真弓監督の指令は吉か凶か
菊池雄星の復活支えるパンクラス式トレーニング
他球団はイケメン化を警戒!マー君がマーさんに変身

プロレス・格闘技

25年ぶりにヒゲ剃った黒の総帥 橋本大地戦で「白蝶野」が16年半ぶり出撃
棚橋が条件付きでKENSOとの越境タッグ受諾
GHCタッグ戦線泥沼化…山が潮アに激怒「若造がエラそうな口利くな」
DDT・中澤マイケルは華麗な経歴を持つ「世界一の巻き添え男」
WWEロウ大会でザ・ロックが復活

サッカー

<CL決勝トーナメント>ホーム敗戦でミラン大荒れ!ガットゥーゾが「頭突き」「ノド輪」
内田のミスで失点…ラウルに救われシャルケはドロー
移籍トラブル♂ェ崎は17日も欧州デビュー絶望的
チャリ通勤で闘莉王が超減量

ゴルフ

石川遼 3年目の米ツアーはここが違う
「プレジデンツ・カップ」南ア勢の欠場宣言で日本の賞金王争いが異常事態に

相撲

崖っ縁の日本相撲協会「公益法人認定」頼みの綱は自民党
新弟子希望者に貴乃花親方感激

芸能

のりピー「SM緊縛ヌード」「ヘア写真集」情報の発信源判明
高すぎた浮気の代償…山田優に監視≠ウれる小栗旬
<ブルーリボン賞授賞式>寺島しのぶの貫禄に綾瀬はるかタジタジ
新CM発表会にAKB篠田がミニスカ美脚で登場
米セドナにマドンナと同じく別荘を持ち休暇を過ごす中村勘三郎

社会

ワタミ前会長 都知事選出馬の本当の狙い
身内の1年生議員まで!「方便発言」の鳩山前首相に引退要求
金正日総書記が恐れる「エジプト革命」の飛び火
次男・正哲氏はクラプトン詣で
生理用品投棄で逮捕された73歳老人の素顔/病院を銭湯代わりにした63歳無職男逮捕

マネー

企業のリストラを助ける闇稼業℃ォめさせ屋の知られざる実態
なかにし礼コラム:エジプト解放に思う

ヘルス・健康

「南総里見八犬伝」の作者・滝沢馬琴 ビタミンB1不足で晩年は壮絶な病との闘い
弁当男子必読レシピ「菜の花ちらし」

エンタメ

ケンコバ「山里と品川の和解もったいない」「ニュースの壁を破った小向」
【意外なカンケイ】NEWSの山下智久と福山雅治
危ないウワサ「共演者キラー・向井理に芸能事務所が警戒心」「小向ショックのストリップ界が朋ちゃんに熱視線」

競馬・競輪・競艇・オート

<フェブラリーS>追い切り/血統値/どの前哨戦が強かった
<ダイヤモンドS>追い切り&得ダネ情報
競馬3連単トトカルチョは賞金3万円
ボートレーサー美女図鑑
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 14:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渡辺淳一を直木賞作家にした、〈殺人犯〉和田寿郎が死去

2人の青年を自分の名声のために殺した和田寿郎(わだ・じゅろう)、
札幌医科大病院で1968年に日本で初めての心臓移植を行い、その是非を巡って強い批判も浴びた元札幌医科大教授が14日午後1時30分、肺炎のため東京都内の自宅で死去した 88歳だった

68年8月8日、海でおぼれた大学生の山口義政さん(当時21)の心臓を、心臓弁膜症と診断された宮崎信夫さん(当時18)に移植した心臓移植は、世界でも30例目

移植から83日目に宮崎さんが死去

その後、宮崎さんの心臓病は本当に移植をしなければならないほど重症だったのか、山口さんは本当に脳死だったのか、といった疑問が大学内部からも噴出した

同年、殺人の疑いで告発されマスコミ報道は、称賛から批判に転じた

このあたりの“疑惑の経過”を『小説・心臓移植』(1969年3月、後に『白い宴』と改題)で発表し“内部告発”したのが、当時和田の在職していた札幌医科大病院の整形外科講師、後の直木賞作家、渡辺淳一だ

渡辺はこの小説を世に問うたために大学を追われ、上京して文筆活動を始めることになる

いわば和田は渡辺淳一の“恩人”なのだ
ジョニー的には 和田の心臓移植の唯一の功績は 渡辺淳一を文壇に送り出したことだけ
小説「ダブル・ハート」を読めばだれでも抱く疑問
山口さんは本当に脳死だったのか

(以下引用)
1968年8月8日午後6時
山口さんの容態が安定しているのを見届けて、担当医師は帰宅した。

野口病院 勤務医の証言
・ 山口さんは運ばれてきた時、すでに自発呼吸をしていた
・ 点滴の血管の確保と酸素マスクだけで十分な状態だった
・ 聴診器を当てても肺に水が入っているような音は聞こえなかった
・ 血圧は安定していた
・ 瞳孔の収縮が見られ、良い方向に向かっていた

当時、札幌医大で麻酔科助手をしていたN医師は、溺れた患者を手術室に入れたのを見て、非常に奇異に感じたといっている。 

溺水者が運ばれてきた場合、人工呼吸は麻酔科がやるのが常識なのに、麻酔科に話がない時点でおかしいと思ったという。

また、溺水患者に行う基本的な処置(気管を筋弛緩剤で麻痺させて人工呼吸のための気管内送管を行う)は、麻酔科の仕事であるため、別の麻酔医が手術室へ入って処置を行おうとしたところ、「おまえは、向こうへ行け!」と、胸部外科の医師たちに追い払われてしまったという。
く「疑惑の和田心臓移植」引用

誰がみても、心臓弁膜症の宮崎さんの容態が安定しているときに絶好のタイミングで、網に引っかかった生贄、それが疑惑の脳死判定をうけて心臓を和田に盗まれた山口さん

刑事裁判における陪審員制度がこの当時あれば和田は殺人罪で有罪になる可能性は充分あった

あるいは検察審議会で2回の起訴相当の議決により、強制起訴 という取り決めがあれば和田は当然、殺人罪で強制起訴されていただろう

渡辺淳一のコメントが夕刊に見当たらないのが気になる
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 01:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医学・生理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする