2011年02月13日

第104回農林水産省賞典京都記念(GII)

・人気通りだったんだけど簡単なレースだった
ダノンとビッグがないことが容易に分かる地点でボーナスレースだったな
後はダノンシャンティがあのイレ込みで意外に走って大したもんだと思った

・ベルーガが凄いってのが印象で あとは別段不思議な点はなかったね

・それにしてもダノンシャンティ強いわ・・・
ビッグウィークも思ったより全然強い。
ヒルノダムールの成長力のなさが浮き彫りになったレースだった。

・3連単3頭BOXで予想当たってたのに給料日前で余裕ないから買えなかった…orz
ついでに共同通信杯も予想当たっててWショック。
お金がないってのは辛いねぇ。
(以上ネット引用)


(以下引用)


 第104回京都記念(13日、京都11R、GII、4歳上オープン国際、別定、芝2200メートル、出走12頭)1番人気のトゥザグローリー(牡4、栗東・池江泰郎厩舎)が外から差し切り重賞2勝目を飾った。勝ちタイムは2分13秒9(良)。

 レースはセラフィックロンプが逃げて、プロヴィナージュが2番手につけスローな流れ。3番手を追走したトゥザグローリーは4コーナーで外に出すと、強烈な末脚で先頭に立っていた
ヒルノダムール(牡4、栗東・昆貢厩舎)を差し切った。

 メイショウベルーガ(牝6、栗東・池添兼雄厩舎)が外から追い込んで3/4馬身差の2着にあがり、3着がヒルノダムール。4着にはダノンシャンティ(牡4、栗東・松田国英厩舎)が入り、菊花賞以来となったビッグウィーク(牡4、栗東・長浜博之厩舎)は6着。道中最後方を追走したオウケンブルースリ(牡6、栗東・音無秀孝厩舎)は7着だった。(サンケイスポーツ)


1 2 トゥザグローリー 牡4 56.0 U.リスポリ 2:13.9   34.5 532 +8 池江泰郎 1
2 5 メイショウベルーガ 牝6 56.0 池添謙一 2:14.0 3/4 34.4 514 +6 池添兼雄 5
3 12 ヒルノダムール 牡4 56.0 藤田伸二 2:14.2 1 34.7 476 +2 昆貢 2
4 4 ダノンシャンティ 牡4 58.0 安藤勝己 2:14.4 1 1/2 34.6 480 -2 松田国英 3
5 6 ロードオブザリング 牡4 56.0 四位洋文 2:14.4 アタマ 34.5 510 -6 笹田和秀 7
6 3 ビッグウィーク 牡4 58.0 川田将雅 2:15.0 3 1/2 35.6 468 +18 長浜博之 6
7 1 オウケンブルースリ 牡6 58.0 内田博幸 2:15.1 1/2 35.2 498 +6 音無秀孝 4
8 11 プロヴィナージュ 牝6 55.0 佐藤哲三 2:15.4 1 3/4 36.2 520 0 小島茂之 8
9 10 セラフィックロンプ 牝7 55.0 宮崎北斗 2:15.7 2 36.6 504 +2 武藤善則 9
10 9 シャドウゲイト 牡9 58.0 岩田康誠 2:15.9 1 1/4 36.7 504 +2 加藤征弘 10
11 8 ホワイトピルグリム 牡6 57.0 福永祐一 2:15.9 クビ 36.5 468 0 鮫島一歩 11
12 7 ヒカルカザブエ 牡6 57.0 秋山真一郎 2:16.2 2 36.4 494 +22 岡田稲男 12
タイム
ハロンタイム 12.6 - 11.3 - 13.2 - 12.5 - 12.2 - 12.9 - 12.4 - 12.0 - 12.0 - 11.2 - 11.6
上り 4F 46.8 - 3F 34.8
コーナー通過順位
1コーナー 10,11(2,3)(5,12)(4,9)8,6,7-1
2コーナー 10,11(2,3)(5,12)(8,4,9)6,7-1
3コーナー 10(11,9)2,3(8,12)5(7,4)(6,1)
4コーナー 10(11,9)(8,2,3,12)5(7,4)(6,1)
第104回京都記念(GII)払戻金
単勝 2 240円 1番人気
複勝 2 120円 1番人気 5 200円 4番人気 12 130円 2番人気
枠連 2-5 880円 3番人気
馬連 2-5 1,120円 3番人気
ワイド 2-5 400円 3番人気 2-12 190円 1番人気 5-12 400円 4番人気
馬単 2-5 1,650円 4番人気
3連複 2-5-12 1,020円 2番人気
3連単 2-5-12 5,390円 10番人気
ttp://jra.jp/JRADB/asx/2011/08/201102080611h.asx
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 22:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AKB前田敦子、二日間ブログを更新しないだけでヲタ発狂、コメ1万8000件

こんなオタがいるから前田がつけあがるんだよ
どーせ「二重まぶた」の幅の変更か、豊胸手術のメンテナンスでもしてたんぢゃね



(以下引用)



AKB48の前田敦子さん(19)が、ブログを2日更新しなかっただけで、インターネット上は大騒ぎとなっていた。
11日は3日ぶりに「心配しないでください元気ですよ」と更新したが、これだけで大騒ぎになる人気ぶりとともに、体調面での危惧も出ている。

2月8日の更新を最後に、9、10の両日書き込みなしで、コメントが1万8000件を超えた。
そして2月11日に更新

「数日ぶりになってしまいました。映画の撮影、AKBの撮影、どちらも頑張ってます。 あいだには皆さんからのコメントをずっと読んでました。心配しないでください元気ですよ。今はたかみなの背中でごろごろしてます」と書き込んだ。
 
前田さんレベルの超売れっ子タレントならば、1年先くらいまでは大きな仕事が決まっている場合も多く、 事務所サイドとしては、どこかで休みを入れさせる必要が出てくる。実際、2月5日には体調不良でイベント出演を見合わせたばかりで、 遅かれ早かれ来たのかという感じではなかっただろうか。

体調を心配するコメントが多く、11日の前田さんの書き込みは、そうしたコメントに答えたものとなったのだろう。 2日更新しないだけで、大騒ぎとなり、アクセス順位も1位が当たり前だったのが、6位にまで下がるという前田ブログ。人気者すぎるタレントの宿命なのだろう。
(ライブドア)




posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 16:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〈画像あり〉とんでもない奇形児が誕生

サウディアラビアで36歳から16年間不妊治療を続け、試験管で受精させ、そのうちの2受精卵を子宮内に移植した52歳女性

妊娠31週で双子を出産、第1子が体重1800g、アプガースコア 6/7/7の健康な男子 第2子が caudal regression syndromeと診断された
Caudal regression syndrome or sacral agenesis (or hypoplasia of the sacrum) is a little-known and rare congenital disorder in which there is abnormal fetal development of the lower spine−the caudal partition of the spine.
It occurs at a rate of approximately one per 25,000 live births.$美容外科医ジョニー のブログ
$美容外科医ジョニー のブログ
顔面は重複、4眼球、二重あご、(今井美樹みたいな)でっかい口、を有する
両足は下部脊椎分離により奇形を呈する
確定診断は“単頭−不完全4眼球顔面重複”奇形
(ジョニー訳)

引用ページには子宮内エコー写真も掲載されている



(以下引用)


2011-01-12-13 Duplicata incompleta with caudal regression syndrome
Case report (Al-Hammadi Hospital, Riyadh, Saudi Arabia.)

This is a case of a 36-year-old G1 P0 who was treated for infertility for the past 16 years. This was her first pregnancy after in vitro-fertilization. It was a twin pregnancy after a transfer of two embryos.
Patient went into a preterm labor and delivered at 31 weeks of gestation. The first baby was a healthy boy of 1800 grams with Apgar scores 6/7/7 (1st/5th/10th minute).

The second baby had multiple malformations. The head showed signs of duplication with 2 pairs of eyes, double chin, wide mouth. The lower extremities were malformed with caudal regression syndrome. Our final diagnosis based on the clinical findings was duplicata incompleta; monocephalus diprosopus tetraophtalmos ("Diprosopus" means "two-faced" in Greek), so called monocephalic diprosopus.

(http://www.sonoworld.com/fetus/page.aspx?id=2951)
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 15:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医学・生理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シュツットガルト・岡崎慎司、移籍が取り消される可能性も

紛争の根本的な原因

清水側と、シュツットガルトは今回の移籍をめぐって対立関係にあった
欧州リーグへの移籍期限となる今年1月31日まで 岡崎との契約を残していた清水側は、シュツットガルトに少額ながら移籍金を要求

一方、シュツットガルト側は、サッカー界の慣例や2月1日からの契約であることを根拠に、移籍金が
発生しない立場を崩さなかった

国際サッカー連盟(FIFA)に提出する必要書類に、前所属の J1清水がサインすることを拒否
選手登録が完了しなかったため、出場できなかった


清水エスパルスが怒った理由

清水が請求した移籍金をシュツットガルトが支払いを拒否、移籍証明書が出ていないのに、シュツットガルトは見切り発車で1月30日に入団会見を行い、2月2日には岡崎本人が清水のクラブ ハウスを訪問するなど、清水側の神経を逆なでする行為をおこなったため

清水エスパルズ公式見解の要約 (まわりくどい表現が多いので、簡単な文章にした)
清水エスパルズは以下の2点でFIFA 規則の違反があると考えている

第一に、シュツットガルトは、FIFA の「選手の地位および移籍に関する規則」18-3項に反し、
岡崎慎司選手との契約交渉開始に先立ってエスパルスに事前通知なしに同選手と契約交渉をしていること

第二に、エスパルスと岡崎慎司選手との契約が2011年1月31日まで効力があるにもかかわらず、 シュツットガルトは2011年1月31日を契約開始日として岡崎慎司選手と契約をしている

FIFA の「選手の地位および移籍に関する規則」18-5項に従い、岡崎慎司選手の契約を期間満了前に終了させるための違約金支払いについてシュツットガルトと エスパルスが合意しなければ、選手の移籍は認められないこと



解決方法

FIFAへの提訴、清水とシュツットガルトとの間の移籍金問題での仲介要請など


今後の経過予想と影響

大騒動へと発展する可能性が出てきた
関係者によると、国際移籍証明書は近日中に届く予定となっているが、既に移籍期限が過ぎて いるため、FIFAの裁定に持ち込まれ、最悪の場合、移籍が取り消される可能性も

急な決定で書類が間に合わなかった だけなら問題ないが、今後、両クラブの歩み寄りがなければ、岡崎は公式戦出場ができない 大ピンチに陥ることになる

解決の糸口はいくつかあるが、岡崎としても感謝の思いが強い古巣との争いは本意ではないはず

日本協会の田嶋幸三副会長は同日、国際サッカー連盟(FIFA)が15日にも臨時の国際移籍証明書を出すことが濃厚と明らかにした

これで、岡崎はドイツでのリーグ登録が可能となり、試合に出場できるよいう その上で両クラブが話し合いを続けることになる
とやけに楽観的だけど相手は理詰めで押してくるドイツのチームだから、どうなることやら
 



(以下引用)


ドイツのシュトゥットガルトに移籍した日本代表FWの岡崎慎司が、FIFA(国際サッカー連盟)から国際移籍証明書が届かなかったため、現地12日に行われたニュルンベルク戦でのドイツデビューを逃した。

 1月30日、シュトゥットガルトは岡崎の入団を発表。しかし、前所属の清水は同31日まで契約期間を残しているとして、「現段階では、うちの所属選手」と主張していた。(SOCCER KING)
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 14:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする