2009年07月31日

こんなバカが産経をダメにした

グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)が昨年2月、日教組集会の会議場使用や参加者の宿泊を拒否して日教組から訴えられていた問題で東京地裁は28日、プリンス側に請求通り約3億円の支払いなどを命じた

それに対して 産経系列の 夕刊フジが 驚くべきコメントを残している

>・・・集会が予定されていた2月2〜4日にはホテルから半径2キロ圏内にある北里大や聖心女子学院など12の学校で入試が行われており、「7000人超の受験生が騒音や交通規制に悩まされ、取り返しのつかない事態になりかねなかった」(プリンスホテル)という。

 それでも、ホテルには宿泊者が感染症にかかっている場合や暴力団など風紀を乱す恐れがある場合を除き、宿泊拒否はできないとする旅館業法が適用される。一度契約した宿泊予約は原則として解約できないため、今回の全面敗訴は当然ともいえるが、ホテル業界の“本音”はあくまで別だ。

 「実際に150台もの街宣車に騒がれては、ホテルの信用問題にかかわる。プリンスが3億円の支払いを覚悟してでも使用を拒否したのは当然。今回の判決が今後のホテル業界に与える影響は計り知れない」(大手ホテルチェーン営業部長)

 ホテル内では、婚礼や顧客企業の重要会議なども行われており、プリンスが集会を許可していれば失うものはさらに大きかっただろうという。今回の問題はプリンスが日教組と契約してしまったことが発端ではあるが、客室や会議場に余裕があれば、ホテル側はそもそも断ることはできない。各ホテルには何とも頭の痛い判決なのである。<


明らかに 付近の住民の平穏を重視して日教組の集会を断ったプリンスホテル側の肩を持った 呆れて物もいえない論評だ


集会・結社の自由は 基本的人権のなかで もっとも根幹をなす大切なもの


それを報道の自由を享受する マスコミの一員が平気で踏みにじる


マスコミの一翼を担う自負があれば まず右翼の街宣車を糾弾するのが使命というものだろう


「各ホテルには何とも頭の痛い判決なのである」なんて 寝ぼけたこといわれては わたしたちのほうが頭が痛くなる




だから 産経は三流新聞と揶揄されるのだ

そのうち 東京スポーツが 産経にかわって五大紙に昇格する日も近い??
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 13:53| 東京 ☁| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

ちょっと恥ずかしかった話

きのう ドイツ人の男子大学生2人と海水浴へ


ロバートは デユッセルドルフの大学で法律の勉強中

義理堅くて 時間にきびしい


日本人が 抱くドイツ人のイメージそのまま

なかなかの好男子

わたしより背が低くて いっしょに歩いていて 気分がよい


帰国したら 軍の法律関係の部署で働くという




もう1人ミハエルは 別の大学でビル建築の設計監理を勉強中


身長2メートルの巨漢


ひたすら ブロンド女性が好き


いままで付き合った女性は すべてブロンド  というのが彼の自慢だ


彼は わたしより英語がヘタ という珍しい存在で わたしは彼を大事にしている


わたしとロバートが まず 医療ボランテイア活動をやっていたときに知り合った



で ロバートが ミハエルを連れてきて たまに3人で出かける



いつも 3人で歩くときは すれ違った若い女性を 10点満点で容姿を採点 何点か話し合う


きのうはブルーネットの ブラジリアンの15歳の女性の点数で ちょっとモメた



わたしとロバートは 彼女に9点をあたえた


だって リア・ディソンより かわいいんだもん


わたしは彼女と チャッカリ2ショットで写真を撮った



だが もう一人のジャーマンは7点


その理由は 「彼女は金髪ぢゃなかった」


まったくクレージー笑




帰りの山手線車内で 話題は なぜか堕胎手術へ


かれら 英単語の堕胎 ”abortion” は知っている


だが わたしがドイツ語の 堕胎 アウスクラッツェン を発音しても2人とも なんじゃそれ って顔してる



結局 わたしのドイツ語の発音がヘタだった ということで終わりになったが・・・



混雑した山手線の車内で 3人で 大声で 堕胎 堕胎 と叫び続けたことを思い出すと いまでも恥ずかしい
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 04:40| 東京 ☁| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

女湯は男児禁制!?ここまできたかヒステリー女の絶叫

「女湯に男児を入れる母親は不愉快」で議論白熱
 質問サイト・Yahoo!知恵袋で、「女湯に、男児を入れる母親の神経をどう感じますか?」という質問に..........≪続きを読む≫


とうとうここまで きたか って感じだ


なんで この国だけ こーゆー ヒステリックな方が増殖しているのか??



こんな人には 上海で1年 生活することをお勧めする笑


頭の芯から 溶かされて 融通きくようになるだろう



このような女性が モンスター・ペアレンツになっていくんだろう



わたしのクリニック受付の23歳 ホントにかわゆい女性



歯医者は かならず 女性の先生のところへ受診


「だって 口のなかを 男の先生に見せるのは恥ずかしい」そうな



いまに 産婦人科外来は 男子禁制となるかも・・・



だが これくらい 自分勝手で まわりの状況が見えてない人が 役立つこともあるのか??



ありました


彼女たちのお陰で 外科手術の際に 患者が署名する手術承諾書の内容が かなり厳格になってきている



まあ 早い話 手術の結果 なにがおきても知らないよ って記されているようなものだ




彼女たちが 70年はやく 生まれてきて裁判官やってたら



自衛隊に対する 司法判断は確実に変わっていただろにね



砂川事件 恵庭事件 の 判決文は いまなお興味が尽きない



「統治行為論」って 苦渋の末の 屁理屈だって よくわかる
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 02:08| 東京 ☁| Comment(4) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする