2009年04月30日

草なぎ擁護派…松山千春、鳩山総務相は「バカ野郎」

>公然わいせつで逮捕され釈放されたSMAPの草なぎ剛(34)に思わぬ援軍が現れた。フォーク界のご意見番的存在の松山千春(53)が春のコンサート・ツアーを29日、埼玉・サンシティ越谷市民ホールでスタート。その中で、草なぎ擁護論が飛び出した。

 歌だけでなく毎回、トークの切れ味も冴えている千春。草なぎ逮捕に触れ、こう言い放った。

 「逮捕するような事件じゃないだろう。あの場合は逮捕するんじゃなく、まずは保護すべきことだろう」

 その上で、怒りの矛先は鳩山邦夫総務相へ。 「事件後に『最低な人間』だと言っていたが、バカ野郎だよな。だいたい、鳩山さんというのは法務相の時に『友人の友人はアルカイダ』なんて言っているような人間だろう。そんな奴に『最低な人間』だなんて言ってほしくない」<夕刊フジ>

バンコクから帰国のANA機内で草なぎ剛の事件は DAILY YOMIURI のトップ記事になっていた

読売だけに 真偽のほどがわからなかったが 帰国後に まわりの友人に訊いたら本当だった


 草なぎクンが逮捕された とTVの通常番組中にテロップで流れ、臨時ニュースになったそうだ


でも とうとうここまできたのかって感じだ


草なぎクンの飲酒プッツン ではなくて ヨッパライの全裸に110番する ヒステリックな世相に対して



午前3時の暗い公園 周囲には2〜3人


警察を呼んだ人も まさか草なぎ剛とは気づかなかったようだ



まるで小学校低学年の教室だね


先生 A君が 口笛を吹きました B君が スカートをめくりました C君が消しゴムを投げました・・・


だから どーだっていうんだ




日本赤軍の岡本幸三が1972年にテルアビブ空港乱射事件を起こしたときに 日本の外務大臣がイスラエルに謝罪に出向いて世界の失笑を買った



このように、国民を子供扱いする国だからね



草なぎクンは だれにも迷惑かけてない


ただ どこかのお馬鹿さんが 警察に通報したために結果として地デジの関係者や かれをイメージ・キャラクターとして使っていたスポンサーが困惑している


松山千春の言はしごく まともだ



まあ 草なぎクンも ストレスからキレることもある、ごく普通の青年だったってことで・・・
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 16:33| 東京 ☁| Comment(5) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

豚インフルエンザ ここが知りたい!

バンコクの英字紙でも メキシコの豚インフルエンザの記事はトップ・ニュースだった



今回の豚インフルエンザ(以下、豚フル)で WHOや世界中の国々がパニクってるのは


@ 従来のフルとは違うタイプで 毒性が不明、 防疫対策がとりづらい



 鳥インフルエンザ(鳥フル)は H5N1 タイプだが 豚フルは H1N1で 

ちなみに H はHA ウイルス表面の赤血球凝集素、N はNA ウイルスの糖蛋白のことで この2つの組み合わせで フルのタイプをあらわす




A 特効薬のタミフルが この豚フルに効果があるか確認ができていない  しかも 日本を含め 備蓄が絶対的に不足している


B 豚フルの予防ワクチンが完成するのは半年後で 現在は在庫がない

その前に世界的な大流行(パンデミック)が起こった場合 大量の犠牲者が予想される



C航空機によって 瞬く間に豚フルが世界中に伝播する  など




わたしの患者で来月からアメリカ旅行予定の60歳代の女性が困惑していた




だが わたしの 豚フルの説明にとりあえずひと安心していた




わたしの説明


@ 豚フルと同じH1N1タイプは 1950年代までは 毎年 世界で流行していたので 40歳代後半より年長の人は 今回の豚フルには免疫を獲得している可能性が大きいこと



メキシコで159人のフルの感染による死者が出ているが 中年、若者の犠牲者が大半 老年者が生存しているのは その理由による



A アメリカや日本など北半球は 高温多湿の夏に向かっている




インフルエンザ・ウイルスは 乾燥した低温の環境で増殖するため とりあえず夏期は一時 収束にむかうと予想される

いまから半年後 冬に再燃し猛威を振るうと懸念されている





とりあえずの対策としては




 自分用のタミフルは 確保しておいても よさそうだ


50歳以上の高齢者も油断しないで 手洗い うがいの励行だ



手洗いは 指先のフル・ウイルス が 目をこすったり鼻を触ったりして、目や鼻の粘膜から 体内に侵入するのを避けるためだ


フルの感染経路は 空気感染が有名だが 指先からの感染も非常に多い


内科医師でも このことを知らない人がいる



蛇足だが



内科では ウイルスよりフィルターの目が細かい いわゆるテーベ・マスクが診察時に欠かせない

しかし 頻繁に新品に交換すると、このマスクが高価なため現在の健康保険制度では 病院は赤字になってしまう


これも 医師側の頭痛の種だ
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 20:06| 東京 ☁| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

ニューハーフ・ペニス抜き手術

4月24日の朝 10時から ニューハーフの竿抜き手術が始まった


チュラロンコン大学近くのショッピング・モールの上層階のクリニック


24歳男性、身長171センチ 体重52キロ


西山茉希 似の中国系、華やかな顔立ち


鼻はすでに上手な手術が施してある


全裸がハロゲン光の下に晒される


両脇には長さ5センチほどの豊胸手術の切痕


あまり上手な手術ではない

肌は白くてキメ細かい


細くて華奢な、二の腕


この容姿なら新宿2丁目でもかなり目立つのではないか

てかキャバクラでも売れっ子間違いない


全身麻酔の直前までカラーコンタクトしていて タイ人ドクターに注意されていた


すでに4年前にタマ抜きはおわって、 陰嚢(タマタマ袋)はペニスの根元に縫着してある


袋は萎縮して パッと見では女性の内陰唇そのもの


女性のオッパイと立派なペニス、両性具有のシーメールshe-maleは何度診ても不思議だ


まるで秘密の花園に迷い込んだような錯覚に陥る


きょうはペニスの包皮を、蛇の皮を剥ぐように むいて根元まで降ろしてゆく


ペニスの中身、3本の海綿体を抜いたあと 陰茎の真下に深さ10センチの穴を設ける


ペニスの外側の包皮の先端をくくって縫って袋状にする


ちょうど折りたたみカサの袋カバーみたいな形状に
なる

この袋を裏返して 身体に作った、さきほどの深さ10センチの穴に押し込む


内側に袋を丁寧に張りつけて裏打ちする


こうすると穴は癒着せず、閉鎖しにくい


完璧な膣の完成


バルトリン腺の代わりにカウパー腺が男性にはあるので性的興奮でちゃんと濡れる


あとは半年間 ときどきソーセージを挿入して ブジーする

だいたいは男がブジーしてくれるけど笑


この手術は2度目の見学

何度観ても 飽きない


ちょっとの構造の違いで男女の性差が出るんだなぁと認識させられる


いつかは やってみたい手術だ
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 22:53| 東京 ☁| Comment(1) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする